teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


同時点火

 投稿者:メール  投稿日:2009年 9月 8日(火)23時59分16秒
  >ruoka1様
同時爆発では出力のトルク変動が大きく、各部の剛性強化も必要になったり・・・メリットより
デメリットのほうが大きいのでしょうね。

ポイントのカムの高さの違いは計ったことがないので、よくわかりません。
問題なければ、それほど神経質にならなくても大丈夫だと思いますけど・・・(確証なし(^^ゞ)

かつて、私が2CVに乗り始めた26年前、ベテラン2CVオーナーの方々の間では点火時期を
フライホイールの歯3枚分進めパワーアップさせる・・というウラ技がありました。

当時は今と違い無鉛ハイオクが無く、無鉛レギュラーか有鉛ハイオクという時代でしたので、
自分の2CVは点火時期をやや遅めにセッティングして無鉛レギュラー仕様にしていましたが、
試しに有鉛ハイオクでフライホイールの歯3枚分進めてみた事があります。
効果を実感できなかったので、点火時期を進める小細工はすぐに止めました。

一方、今の自分の2CVの新規車検を取る時、思いっきり点火時期を遅くしてみましたが、大して
パワーダウンも感じられませんでした。

オリジナルのポイント(コンタクト・ブレーカー)式の場合、交換した直後1000km~2000kmで
点検すると大抵ポイントのヒールのベークライトが減って若干ギャップが狭くなり、わずかに
点火時期も遅くなっています。

この時に再度ギャップ調整と点火時期の微調整をしてやると、ヒールのベークライトも
カムに馴染んでいますので、微調整後はギャップも点火時期も狂いにくく、ポイントも
長持ちして良好なコンディションを長く保てますよ。

私個人の感想ですが、ご指摘の左右のバラつきとは厳密には違いますが、2CVのエンジンは
フライホイールの歯1枚程度の点火時期の狂いで調子が変わるエンジンではないように思います。
もちろん、点火時期の進めすぎはノッキングの原因になりますので、絶対に良くないです。


左右のバラつきといえば・・・・

通常、自分でポイント交換/調整のあとは、フライホイールの基準穴で点火時期調整を行い、
セッティングが終わった後、念の為タイミングライトで点火を確認するのですが、自分の知る限り
全ての2CVでタイミングライトの点灯に左右でバラつきがあります。
片側はキレイに点滅するのに反対側は、わずかにバラついて点滅しています。

同時点火のため、流れやすい方により電流が流れているのでは?と想像していますが、
単にタイミングライトの反応の問題なのか、実際にプラグの点火がバラついているのか、
定かではありません。
 
 

2CV イベント

 投稿者:ruoka1  投稿日:2009年 9月 4日(金)21時15分37秒
  モンテカルロさん主催?のイベントがあるようです
http://homepage1.nifty.com/montecarlo/index-2cv.htm

わたしの発見(今頃恥ずかしながら)
2CVは同時点火の同時爆発と先日まで思ってました 点火は一回転ごとに左右気筒に同じに点火されますが爆発は1回転ごとに左右気筒が別々に爆発してたんですね ちなみに私の2CVはポイントカムの高さが違うため点火時期が左右でリングギアの歯数で1山違ってます 皆様の車はどうでしょうか ちなみにスペアエンジンも同じようなものでした 何か対策はあるでしょうか それとも特に問題無く動いてるのでこのままで良いのでしょうか
 

ハブベアリング交換作業のサイト更新

 投稿者:おおいそメール  投稿日:2009年 8月29日(土)23時39分59秒
  無事終了しました。今回もいろいろとありがとうございました。今のコンディションがあるのも症さまのおかげ。
感謝しております。

http://www.scn-net.ne.jp/~oisoarom/index_2.html

 

ありがとうございました。

 投稿者:おおいそメール  投稿日:2009年 8月26日(水)02時01分23秒
  無事帰宅しました~。ありがとうございました。
フロント周りからのゴーゴー音は消滅。
実にいいフィールになっております。これにて最果ての地をめざす準備が出来た気分(笑い)。

こりぶりさまツール、大活躍でした。感謝です。

今日はお休みなさい~。

http://www.scn-net.ne.jp/~oisoarom/index_2.html

 

整備OFF

 投稿者:メール  投稿日:2009年 8月26日(水)00時05分47秒
  >おおいそ様
ベアリング交換作業お疲れさまでした。
すぐに終わると思っていたAZLの追加作業で、思いのほか作業終了が遅くなってしまい、
すみませんでした。
交換後のフィールや走行音は変わりました?
無事帰宅されましたでしょうか?

ブルーシート、お預かりしておきますね。(謎)

>コリブリ様
今回もコリブリ様特製特殊工具が大活躍してくれました。
ありがとうございます。

>ruoka様
それはオイルシールだと思います。
1950年代~1960年代までは、フエルトのベアリング・オイルシールが使われていましたが、その後
樹脂のオイルシールに変更されています。
 

ボーの件 ありがとうございます

 投稿者:ruoka1  投稿日:2009年 8月21日(金)19時13分12秒
  カップ部はプラスチックかライニングの様な物でしたか フエルトはシャフト部分に使用されているワッシャーのようでした お騒がせいたしました  

フェルト?

 投稿者:おおいそメール  投稿日:2009年 8月21日(金)17時15分16秒
  こんにちは。
>ruokaさま
現在の製品関連では、プラスティック製が主流のようです。確か以前、コルク製の画像を見たことがありますが、フランス、オランダのサプライ(リプロ品)はプラスティックのようですね。

さて、
>症さま
火曜日、夕刻はいかがお過ごしでしょうか(笑い)。
76mmリングナットはずしてベアリング交換オフをお願い致したく。
詳細は後ほどお電話します。

http://www.scn-net.ne.jp/~oisoarom/index_2.html

 

明日、明後日

 投稿者:メール  投稿日:2009年 8月21日(金)16時08分26秒
  基地の開放日です。今日は朝から我が家上空は爆音が轟いています。(^^ゞ
行かれる方がありましたら、現地は日陰がありませんので、暑さにはくれぐれも注意してください。
必ず雨具は持参しておいた方がイイですよ。

>ruoka様
サスペンション内のカップ外縁部、初期の2CVは圧縮したコルク材(?)、その後クラッチディスク
のライニングのような材質に変更されています。

フェルトが使われている、というのは初耳で、画像を含め見た事がありません。
本当にフェルトなんでしょうか??
 

ボー給油の疑問について

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 8月16日(日)21時40分33秒
  以前色々と教えて頂きありがとうございます 「ボーのカップ部分をひまし油に15分ほど浸し」との部分が気にない調べた所 カップ部にはフェルトが使用されているようです(多分カップの外周部分だと思います)これで浸すの意味が理解できました 金属では浸しても塗布してもそんなに変わりは無いと思い確認してみました 再度ひまし油を給油して様子を確認してみます(油脂に種類にによっては摺動抵抗の違いがあるかも知れません)  

リングナット

 投稿者:メール  投稿日:2009年 8月15日(土)00時37分8秒
  >おおいそ様
手元のリングナットの寸法を測ってみました。
2CV用は外径72mm/内径62mm、Ami/AK用外径76mm/内径62mmです。
 

お礼

 投稿者:おおいそメール  投稿日:2009年 8月12日(水)19時43分7秒
  ≫症さま
今晩は。レス遅れました。情報感謝です~。
測りたいと思いながら、雨、台風、地震で(笑い)寸法測定できていません。

2CVと共通ならば、購入しておかないとですね。
ak350のパーツブックでは76mm、となっていたような。
2CVならば72mmでしたっけ?

あ、調べてみたらそうでした。シールも共通だそうです。
ベアリングのみ至急注文します。作業予定は今しばらくお待ちください。

http://www.scn-net.ne.jp/~oisoarom/index_2.html

 

ハブ関連パーツ

 投稿者:メール  投稿日:2009年 8月11日(火)00時58分52秒
  >おおいそ様

1968年までのハブ関連のパーツを調べてみました。

1960年代のAZUのハブのベアリング・リングナットは2CVと共通でした。
Amiと同サイズの大径化されたベアリング、リングナットが使用されているのはAKからのようです。

問題はおおいそ様のAZUには、どのモデルのハブが移植されているのか・・ですね。


1960年代まではパーツブックが手元にあるので、調べるのが容易なのですが、70年代以降は
マイクロフィルム化してしまい、パーツブックが発行されていないので、調べるのが厄介です。

当時のディーラーが使用していた日本語版2CVパーツ・マイクロフィルムはサルーンモデルのみで、
AKやAmiの記述はありません。

ヨーロッパで入手した現地のマイクロフィルムも手元にあります。
もしかしたらAKの情報があるかもしれませんが、ビューワーを持っていないため、調べられないのです。m(_ _)m
ライトにかざしても小さ過ぎて読めません( ;^^)ヘ..
 

アイドリング不調

 投稿者:メール  投稿日:2009年 8月 5日(水)13時25分28秒
  >ken様
はじめまして。
レス遅くなりすみません。10年ぶりの2CV復帰おめでとうございます。

どんな状態の2CVを、どこをどの程度直したのか分からないので推定になりますが、
プラグコードやキャブのアイドリングジェットの汚れを確認してみてください。

今回のアイドリング不調には関係ないと思いますが、ついでにポイントの接点の状態や
点火時期あたりも確認してもらった方がいいかもしれませんね。
 

2cvのEXH

 投稿者:ken  投稿日:2009年 8月 3日(月)10時54分3秒
  10年ぶりに倉庫で寝ていた2cvを起こしました、最低限車検通るようにガソリンホース、マフラーその他直してもらったのですが、初日引取り帰り道先ずは高速を80kmで巡航きずいたらボンネットのピラーからけむり、、しばらく走ると消えたので多分エンジン等おろした時のグリスの煙かな、、、気にせず2日目妻を迎えに30分くらい走行エンジンのばらつきを感じる、、アイドリングで停車していると止まりそうに、、このころから微妙にEXHランプがついたり消えたりで早速直してくれた車屋さんに持って行くのですが、誰かどこが悪いのか検討の着く方アドバイスお願いいたします。  

お礼

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 7月27日(月)11時03分41秒
  デフオイルとボーの注油について 昨日資料を調べていましたら Citroen Car Club 発行の小冊子(2CVの不調、その原因と対策)のコピーが見つかり確認したところ ギアボックスオイルはSAE 80w/85、尚、一部ディーラーでは現在、静粛性を考え、EP90オイルを使用と記載されていました(ハイポイドは必要無いらしいです) ボーへの給油ですがサスペンションシリンダー Castror OIL(ひまし油)とあります 皆様ありがとうございました  

配合データ

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月26日(日)23時33分59秒
  >ishihara様
AC132、デュポンには残念ながらありませんでしたが、シッケンズで検索しようとアクゾノーベルで
検索かけたらレゾナールにデータがありました。

アドバイスありがとうございました。
将来必要になった時、国内で純正色の塗料入手のメドが立ちました。


>おおいそ様
そういえば作業しましたっけねえ・・・( ;^^)ヘ..
ダンパー、まだ最終仕上げが残っていますので、仕上げましょう。
車庫にはありませんが、作業スペースはエアコンありますので、夏でも大丈夫ですよ。
 

なるほどですね。

 投稿者:おおいそメール  投稿日:2009年 7月23日(木)10時18分23秒
  こんにちは~。ご無沙汰しております。

ギーギー音ですが、うちのは症さま宅での作業後、一回も音がしていないなあ・・・と
ここ一連の書き込みで思い出しました。

ダストブーツがおごられていますが、結構中は汚れが堆積しているのでしょうね。
オイル、砂ホコリ等ですね。そこの滑りが改善されればよしと考えられるといいかも知れませんね。

楽しい2CVライフを~。
症さま、昨日は電話とれずに、すいません。
お呼び頂ければ、往診可能(笑い)。

http://www.scn-net.ne.jp/~oisoarom/index_2.html

 

症 さま

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 7月23日(木)10時02分5秒
  500 や5035かな?は、塗料銘柄で銘柄が違うと配合比も若干違う筈。。。
AC132ですが、コチラからはヒットしませんでした。
あとは・・・

込み入ってきますので、別途 連絡差し上げます。
 

↓追伸

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月23日(木)09時24分8秒
  >simplify_arafune様

「常温で15分間ヒマシ油が滴る程度まで浸透させてください 」は、コイルユニットを分解し、
コイルを取り出した場合です。

注油の場合は、コイルユニットから滴り落ちるまで入れたら入れ過ぎです。
適量(何ccという数値がないので難しいと思いますが)を注油してみてください。
 

またまたオイル

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月23日(木)09時16分3秒
  >simplify_arafune様

いろいろ使用すべきオイルについては見解は分かれてしまい、迷っている事と思いますが、
がんばってチャレンジしてみてください。


ちなみに・・・・
シトロエン社発行の2CV整備マニュアルで、サスペンション・ユニット(ポー)の注油について
記述がありました。

”smear the interior useing only caster oil”
「内部にはヒマシ油だけ使用してください」  との事です。


サスペンション・ユニットを分解し、再度組み付けする場合、サスペンションユニット内部の
コイルスプリングと受けるカップ(ポーの内部にあります)の取扱い注意事項として

"impregnate them with castor oil by immersion in a both at an ambient temperature
of workshop for 15 minutes, then leave them drip"・・・とありました。

直訳すると「常温で15分間ヒマシ油が滴る程度まで浸透させてください 」といったところでしょうか。

シトロエン社はヒマシ油を推奨している事になります。

作業時、くれぐれも両端のダストブーツに油分が付かないように気をつけてください。
ゴムのダストブーツが膨張して外れやすくなる場合がありますので・・・。


>ruoka様

シトロエン社発行の2CV整備マニュアルではギアオイルはTotal EP 80を推奨しています。
当時と今では名称・製品ラインナップが違うと思いますが、参考にしてください。


シフトレバーですが、シフトレバーにCRCやエンジンオイル等を使用すると摺動抵抗が増えてしまう
のは、シフトレバーのロッドと外側金属スリーブの内部にあるスリットの入ったプラスチック製の
”カラー”を包み込んでいるゴムが膨張して、ロッドを強く締めつけてしまうからなのです。


一方、ポーの場合は内部にもコイルを受けるカップの外縁(サスペンションシリンダーと摺動する
部分)にはゴムや油脂で膨張する材質は使われていません。
内部構造や構成パーツが違いますから、シフトレバーが渋くなる原因とサスペンションからの異音の
原因や対策は違うと思いますよ。
油脂類の注油が原因でサスペンション内部の動きが鈍くなったり、硬くなるという事はないと思います。
ただ、コイルユニット外側にはゴム類がありますので、ゴム類に対する注意は必要でしょうね。


シリコン系オイルをポーやシフトレバーに使ったことがないので、効果や影響について分かりませんが、
秘密基地より様はポーにテフロン系オイルスプレーで良好な結果を得ているようですね。
 

ボーの件

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 7月22日(水)21時52分14秒
  私が推測するにはシフトレバー摺動部のようにCRCやエンジンオイル等を使用すると逆に摺動抵抗が増えてしまう状態と同じような物と考えます よってシリコンオイル系は良いと思われます  

御礼 サスシリンダーの異音

 投稿者:simplify_arafuneメール  投稿日:2009年 7月22日(水)21時48分25秒
  症さま、ishihara様、ruokaさま、秘密基地よりさま、T井さま

たくさんの皆様のありがたきアドバイス大変ありがとうございました。
エンジンオイル、ひまし油、ブレーキオイル、グリス、何を注入するか迷うところですが、
週末にがんばってチャレンジしたいと思います。

追って結果報告いたします。
どうもありがとうございました。
 

基地開放日

 投稿者:秘密基地より  投稿日:2009年 7月22日(水)21時32分49秒
  “秘密基地” の開放日は昨日無事終了いたしました。
来訪者はひと組でした。(謎笑)

>デュポンがエンジンオイルには入れるな!と公言している”アレ”・・・
は、エンジンに使わなくても基剤そのものが油分を希釈して剪断力を弱めてしまうので×かな?
摺動抵抗を極力減らす方向なら、オートバイのテレスコピック用のフォークオイルという選択も有りそうですね。
 

業務?連絡

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月22日(水)00時20分33秒
  >ishihara様
教えていただいたカラーコード、やっとMACで見ることができました。
塗料タイプは500と07035、どちらを見ればよろしいのでしょうか?
ボディはAC132なのですが、配合資料がありましたら御教授ください。m(_ _)m

>familyk様
御無沙汰しています。
今年の基地開放日は8月22日(土)23日(日)のようです。
晴れた場合、危険なくらい暑いかも知れませんね。


管理人より
基地開放日=秘密基地より様宅開放日ではありません。(^^ゞ・・・念のため
 

ポー

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月21日(火)16時05分16秒
  >秘密基地より様
何かの整備書には『ひまし油』を注入しろと・・・・ウチのHPにもそう書いてありました。(^^ゞ
テフロン系のオイルスプレーは思いつかなかったです。
デュポンがエンジンオイルには入れるな!と公言している”アレ”なんかどうなんでしょうね?(謎)

>rouka様
how to restore Citroen 2CVではポーへの注油はブレーキオイル推奨なんですね。

エンジンオイルは、かつてBPクラシック20w60を使用していましたが、今はシェブロン20W50を
使用しています。
いまのところシェブロン20W50を使用して特に不具合も不都合もありません。

現行モデルの新車に搭載されているエンジンの場合は、あえて鉱物油を積極的に選ぶメリットは
あまりないように思いますが、おっしゃる通り2CVは古い設計なので鉱物油で問題がおきる事は
ないでしょうね。
一度だけ低粘度化学合成オイルを入れて試した事がありますが、デメリットの方が大きかったので
すぐにオイル交換してしまいました。

ギアオイル、私はTotal 80w-90を使用しています。
2CVはハイポイド・ギアを使っていないので、ハイポイド・ギア対応オイルである必要は
ないと思いますが、念の為あとでシトロエン社の整備資料をみておきます。
 

ポー

 投稿者:T井  投稿日:2009年 7月20日(月)23時33分14秒
  >秘密基地様
以前2CV所有時・・・大型トラック用変速機オイルに大型トラック用グリスを混ぜて注入しました。ひまし油より長期間持ちます。
 

エンジンオイルについて

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 7月20日(月)07時42分22秒
  以前はBPクラシック20w60を使用していましたが、ここ2回はモンテカルロの金井さんの薦めもあってYACCO XV300 15w50を使用してみました 使用感は特に大きな差は感じられませんでしたが 成分は鉱物油 とセミ合成の違いはあります 2CVは古い設計なので鉱物油の方が相性が良いと思い今回は激安のシェブロン20w50を使用してみたいと思います シェブロンを使用している、または使用したことがある 人で不具合の出た方はおりますか
(実はもう1箱購入済みで娘と女房の車は交換予定です)

ところで皆さんはミッションオイルは何を使用していますか ヘインズの修理書ではハイポイドギアオイル SAE80EPを使用とあります 私はレッドライン75w80(ハイポイド対応)を使用しています もっと安い普通のギアオイルでも問題ないでしょうか
 

ボーの異音

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 7月20日(月)06時37分4秒
  参考にしました
how to restore Citroen 2CV(ピンクの表紙で4CMくらいの厚さの本)のP180にbrrake fluidを入れて下さい 普通のオイルはゴムに良くないので入れないで下さいと 記載されています  私はこれに習い作業しました 音も出なくなり、サス動きもスムースになりました なお正規の修理書にはこの件は記載が無いと思います 作業する場合は自己責任でお願いします
 

サスシリンダーには

 投稿者:秘密基地より  投稿日:2009年 7月19日(日)09時56分35秒
  何かの整備書には『ひまし油』を注入しろと書いてあったような・・・

私はテフロン系のオイルスプレーを使っています。(使いましたの方が正しいかな?)

最初に乗ったチャールストンにはドリルで穴が開けられて、そこから古いオイルがシミをつくっていましたが、
ギーコ ギーコの摺動音が盛大にしていました。(穴の開け方の汚かったことと言ったら・・・)
船舶用のテフロン系のオイルスプレーを、ダストブーツの隙間から塗布して解決。
16万キロ以上走行まで、その後音は発生しませんでした。

現在使用中のスペシアルも、入手直後に同じものをスプレーして、
11万キロ超の現在まで異音の発生はありません。


クロスメンバーのボルト、まし締めすると驚くほど静かになりますよね。
でも、まし締めはしたいもののタブが何時か金属疲労でポロッと行きそうで、
簡単だけどやりたくない仕事のひとつです。(笑)
 

(無題)

 投稿者:メール  投稿日:2009年 7月19日(日)00時33分20秒
  お返事が遅くなりましてすみません。m(_ _)m

>simplify_arafune 様

はじめまして。
サスペンションの太い筒の中でギーコギーコという音ですが、isihara様のアドバイスにも
あるように、サスペンションコイルユニット(通称ポー)への注油を試してみてください。

具体的な手順は下記になります。(ただし・・自己責任でお願いします)

まず4輪ともジャッキアップして全輪を浮かせた状態にする。
(車載ジャッキは不安定ですので、ガレージジャッキ等を使用して、必ず馬ジャッキも併用してください)

サスペンションコイルユニットの両端のダストブーツをずらして古いオイルを注油。
この時、私はピストル・オイラーの先端にホースを付けて注油しています。

オイルはできるだけ粘度の柔らかいもの、別にオイルは古くなくても構いません。
(入れ過ぎるとオイルが漏れ出て路面や駐車場が汚れますので適量で・・・(^^ゞ )

注油が終わったら、サスペンション・コイルユニットをぐるりと回してください。

この時、サスペンションのロッドを一緒に回さないように注意する必要があります。
ロッドが回ると車高が狂い、後ほど車高調整が必要になります。

以上の作業が終了したら、ジャッキアップした2CVを元に戻しておしまい、です。
これで異音は解消するか、かなり音が小さくなると思います。

実は私の2CVもサスペンションコイルユニットから音がしています。
作業終了直後は音がだいぶ小さくなるのですが、時間が経つと以前ほどではないですが、また音が・・・。

20年以上前になりますが、かつてのシトロエンの輸入元の日仏自動車のメカだった方に
「なぜ古いオイルを注油するのか?」と聞いた事があります。
答えは、「新しいオイルではもったいないから」でした。(^^ゞ


>ishihara様
いつもいろいろありがとうございます。
サスペンションの根元のきしみ音、消えてよかったです。

ボルトを一旦清掃する、ishihara様の考察の通り、正確に規定トルクで締めるために必要な
作業なのでしょうね。


>rouka様
ブレーキ・フルードは通常のブレーキフルードですか?LHMですか?
LHMでは問題ないと思いますが、通常のブレーキフルードは塗装塗膜への攻撃性があります。
コイルユニットから漏れたフルードがコイルユニットの外側の塗装を痛めないように注意したほうが
イイかもしれません。
 

ボーのイオン

 投稿者:ruoka  投稿日:2009年 7月17日(金)21時39分57秒
  私もボーからの異音で悩みました 私の経験では(多分修理書にもあると思いますが)エンジンオイルでは何度注油しても治りませんでした ブレーキフリュードの注入で即座に完治しました わたしの場合だけかも知れませんがご参考まで・・・  

Reきしみ音

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 7月17日(金)06時55分7秒
  ウチのも全く同じ状況でした。。
そのサスペンションの太い筒(ポー)の両端にゴムブーツが付いていますが、
そのブーツを捲って、そこからポーの中へ油さしでエンジンオイルを注入してあげると、ポーのギシギシが無くなります。

追って、追記が有るかと思いますが、私はココまで。。。
 

きしみ音

 投稿者:simplify_arafuneメール  投稿日:2009年 7月16日(木)22時29分20秒
  はじめて書き込みます。
simplifyあらふねと申します。
黄色にペイントしたチャールストンに乗ってます。
で、はじめてなのにお願いで恐縮です。
ishihara様のきしみ音対策御礼の書き込みを見て、おいらの2cvもきしみ音が気になってまして、、、。
左のサスペンションの太い筒の中でギーコギーコ、、、。シートに座る時音がします。
走ってる時はエンジン音でかき消されてそれほど気にはならないのですが、、、
ジャッキアップして筒を回して何度か試してみましたがだめでした。
ドリルで小さい穴をあけてグリススプレー注入もだめでした。
過去ログで見つけられなかったので、もしおいらのきしみ音と同じ症状でしたら、ぜひぜひおしえてください。
まだまだ2cv初心者なもので説明がわかりづらいかもしれませんが、ご容赦ください。
なにとぞよろしくお願いします。
 

きしみ音対策 御礼。

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 7月14日(火)22時23分19秒
  先日教わった、きしみ音対策ですが先週の土曜日にやっと(汗)施工しました。

外したボルトは錆やら汚れやらで、結構なトルクで回さないと回らない状態・・・仮留め程度の軽いトルクの6.21kgm、ましてや約5kgmでは、ボルトを締め切る前に規定トルクにに達してしまいそうで・・・「ボルトを一度クリーニングしてから」の意味が判りました。

それでも、心配だったので、ボルトに薄っすらグリスを塗って締め直して作業終了。。

翌日、150Km程を走りましたが、結果キシミ音を聞くことは有りませんでした♪
また一つ、マヨ号が適正化されました。。。

的確なアドバイスに感謝致します♪♪
 

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 3日(金)01時51分7秒
  >T井様&ともさん@2CV様
では、今年のFBMはお二人も一緒に石川PA集合・解散でよろしくお願いします。
 

走行展示

 投稿者:ともさん@2CV  投稿日:2009年 7月 2日(木)12時17分3秒
  ならば早朝石川PA集合でしょうか。
参加車数百台が追い越していくでしょう。視線釘付けですね。
 

こちらこそ

 投稿者:  投稿日:2009年 7月 2日(木)12時02分51秒
  >ともさん@2CV様
毎回お世話になっています。(^^ゞ

今年のFBMもAZを予定していますが、AZLオーナーは所用の為、不参加の公算大です。
そんな訳でAZLはT井さんが運転して来る事になりそうです。
 

御礼

 投稿者:ともさん@2CV  投稿日:2009年 7月 2日(木)11時55分28秒
  >症さま
二日間おせわになりました。1000円高速が始まってから蓼科車山が遠くなって大変ですが、FBMでもAZAZL並べてください。それではまた。
 

(無題)

 投稿者:ともさん@2CV  投稿日:2009年 7月 2日(木)11時43分6秒
  >症様
二日間お世話になりました。1000円高速が始まってから蓼科車山が遠くなって大変ですがFBMでもAZとAZL並べてください。
 

御礼

 投稿者:T井  投稿日:2009年 7月 1日(水)19時16分52秒
  >症様
おつかれさまでした。(笑)笹子トンネル手前の登坂車線から走行車線移動時に・・冷や汗かきましたが・・。(大謎汗)
 

御礼

 投稿者:メール  投稿日:2009年 6月30日(火)00時30分9秒
  >SACHIO様、皆さま
週末はお世話になりました&ありがとうございました。
帰りの高速道路、AZ、AZLは渋滞に巻き込まれたため、それほど後ろに渋滞を作る事無く、
無事帰宅しました。


>ishihara様
遠路お疲れさまでした。
テストピースにAC140とAC136の"GrisRose"を塗ってみると、似てはいるものの、直接比較すると
けっこう違う色なんですね。勉強になりました。


アクセルあるいはブレーキを踏んだ時にフロントからメリメリ、ミシミシきしむ音対策ですが、
うちのHPのトラブルシュートのページにも記述があります、アクスル・チューブボルト
(サスペンションのクロスメンバー・ボルト)の増し締めをやってみて、音が無くなるかどうか
試してみてください。


前部をジャッキアップしてクロスメンバー・ボルトのタブワッシャー(名前はワッシャーですが、
平板を曲げたモノです)を(タガネ等で慎重かつ丁寧に叩いて)タブを寝かします。


1本づつボルトを緩め外してグリース等の汚れを拭取り、再び差し込み、規定トルクで締める。
いっぺんに4本外すとサスペンションのクロスメンバーがズレる可能性がありますので、
1本づつ行ってください。

トラブルシュートの元資料のでは締めつけトルクは45lbft=6.21kgmとなっていますが、ヘインズや
シトロエン社の公式資料では、締めつけトルクは"5da Nm=50Nm=約5kgm"になっています。


4本とも作業終了したら、ご近所の荒れ気味の路上を試運転した後、締め増しをしてください。
最後にボルトの回り止めのタブワッシャーを起し、ボルトをロックして終了です。



参考までにタイヤ・ホイールを外して作業する場合、2CVのホイールナットの指定トルクは、
「4~6 da Nm=40~60 Nm = 約4~6kgm」です。

国産車や現代の車が約10kgm位だと思いますので、約4~6kgmは国産車や現代の車と比べると
かなり弱く、実際に自分でトルクレンチを使って締めてみると仮留め位のトルクです。


整備工場でメンテナンスを受けている車も含め、日本の大多数の2CVはオーバー・トルクでホイール
ナットが締められているような気がします。
 

ありがとうございました

 投稿者:SACHIO  投稿日:2009年 6月29日(月)06時08分44秒
  症さま、参加の皆様ありがとうございました。お疲れ様でした。
帰りも下道で17:30ころ帰宅しました。
毎回お世話になり感謝!です。また遊んでくださいね!
 

先程。

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 6月28日(日)23時50分10秒
  結局道中寝る事なく(汗)無事に帰着しました。

「グレイ」は勿論ですが、他にも色々と実り多い2日間でした♪
症様はじめ、遊んで下さった方々に感謝。また遊んで下さい。。。
 

Gris Rose

 投稿者:メール  投稿日:2009年 6月25日(木)00時56分19秒
  >ishihara様
なかなか面白いサイトですね。特にベルギー仕様が詳しく載っているのが有難いです。
ホイール、バンパー、ボディー単色だと、どうしても重い印象になってしまうような気がしますね。

実はウチの2CV、本来ならベーシック仕様のAZですのでホイール、バンパー、ボディー、
シートフレーム、ハンドル、全てグレー単色なんです。
しかし、前オーナーの好みでホイール、バンパー、シート、ハンドルは豪華仕様AZLの
カラーリングになっています。

思い出して先程確認したのですが、イギリスでレストアの時に調合したAC136の残りがまだウチに
ありますので、お会いした時にでもご確認ください。
 

Gris Roseのボディー

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 6月22日(月)22時08分12秒
  症様
お蔭様で、バンパーとホィールが納得のゆく色味となりました♪
同時にボディーにも少しづつですが手を入れているのですが、どの辺で止めるべきか見極めが難しいですね(汗)

全部ピカピカには したく無いので・・・。

さて、
某SNSで、こりぶり様から面白いサイト↓を教えて頂きました。(ご存知かとは思いますが)ソコでは2cvのボディーカラー一覧と、その画像もが閲覧が出来ました。。。
ttp://users.skynet.be/vincent.beyaert/V2004/BE-Nuancier.htm

「AC140」ではありませんが「AC136」と「246-192055」がGris Rosとして掲載されてまして、
その画像はコチラ。。
ttp://users.skynet.be/vincent.beyaert/V2004/COL-GrisRose.htm
(頭にhを付けて下さい、Internet Explorer では見れずにFirefoxでは見れました)

コンナ感じになるのですね。。。
う~む、私的には、やっぱりマヨネーズの方がイイです・・・。
 

そういえば

 投稿者:  投稿日:2009年 6月22日(月)14時28分4秒
  >ishihara様
「黒塗りのセダン」っていう言葉、最近聞かなくなりましたねぇ・・。
スモークウインドウの黒塗りミニバンを見ると、寝台車を連想してしまうのは私だけでしょうか。

流行りや車台共通化、対歩行者衝突安全基準なのか、Aピラー付け根位置の高い、水膨れしたような
デザインの車ばかりになって、すっきりしたボディラインの車が絶滅してしまったような気がします。

ふと、思ったのですが、1950年代半ばまで2cvはバンパー、ホイール、ボディは同じペイントでした。
ishihara様の2cv、バンパー、ホイールの他にボディも同じ「AC140/Gris Rose」に塗ったら
どんな感じになるのでしょうかね?
 

高級車では?

 投稿者:ishiharaメール  投稿日:2009年 6月19日(金)08時02分7秒
  横槍ごめんなさい。。。
先日(って言っても去年の秋ですが・・)某国産ディーラの店先に、デェ~ンと置いてあった大きなミニバンになんか違和感? はて??
その原因はボディーカラー・・ソリットの黒でした。。。実はパール?と思い よく見てもソリット・・・
この車種の設定色でソリットはコレ一色でしたが、他の車種でも黒はあるようでした。

「黒塗りのセダン」は兎も角、あの面積に黒とゆう威圧感と違和感・・・なんか変。。
色に形が負けてました・・・
 

小型大衆車に

 投稿者:秘密基地より  投稿日:2009年 6月18日(木)23時25分28秒
  メタリック塗装は、かえって安っぽく感じちゃいますね。

一時代前の車は、「ソリッドカラーが何色かあって、オプションでメタリックカラーが存在した」
って言う感じでしたが、今はカタログ見てもソリッドカラーの方が圧倒的に少ない・・・
(未だに※メタリックカラーはオプションで○0,000円upなんてカタログに載っているんでしょうか?)
 

最近は

 投稿者:  投稿日:2009年 6月18日(木)23時09分30秒
  >秘密基地より様

特に小型大衆モデルは、高級感ある中間色系メタリックじゃないと特に日本では
「高級感がない」とか言われちゃうのでしょうかねえ・・・。

現行車種だとフィアット・パンダの黄色とか「高級感全然無いけど何か?」的な割り切りが
感じられて好きです。
 

賛成

 投稿者:秘密基地より  投稿日:2009年 6月17日(水)15時10分38秒
  私もソリッドカラーの車体色が好きです。
ソリッドカラーの似合う車がもっと増えてほしいですね。
(ボディーラインがすっきりしていないと、メタリックにしないとごまかせないんだよね)

ソリッドで十分な塗膜の厚みで仕上げられた車両は、ひと剥きしただけで鮮やかさが蘇るのが嬉しいですね。
(ちょっとこすられたくらいだったら、コンパウンドだけで何とかなっちゃう)

ただし最近の国産車のように、ソリッドカラーでも薄い塗膜の上にクリアーをかけてごまかしているのは嫌いです。
 

レンタル掲示板
/23