新着順:45/50 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

リチャード・ウィルソン 尾形乾山 全作品とその系譜

 投稿者:ケイさん  投稿日:2007年 4月19日(木)00時39分47秒
  通報 編集済
  リチャード・ウィルソン氏が何故執拗に佐野乾山を贋作にしているのかを知りたくて『尾形乾山 全作品とその系譜』145,000円を購入しました。(もちろん定価では買いませんが...)
住友先生の本も下記のように高いと思いましたが、ウィルソン氏の本は更にその上を行きます。
  ・光琳・乾山関係文書集成〈上・下巻〉33,600円
  ・尾形乾山手控集成―光琳・乾山関係文書集成 第2集 29,400円

さて、その値段の価値があるかと言えば...。私としてはNOですね。(^^)
佐野乾山に関してはそのうちUPしますが、佐野乾山として挙げている作品自体、「誰がこれを佐野乾山だと言ったんだ?」と思うものを載せています。
どうしてこうなってるの? という印象です。

これを考えると、落合先生の陶磁図鑑は良心的な価格だし、内容も濃いな~と改めて感じました。
http://homepage2.nifty.com/hokusai/ochiaibook.htm
 
》記事一覧表示

新着順:45/50 《前のページ | 次のページ》
/50